記事を作って発信、発行することの重さ | 吉祥寺の30代(アラサー)編集ディレクター坂本の『メディア遊び』

吉祥寺の編集ディレクター坂本の『30代(アラサー)の生き方を探す遊びと趣味』
吉祥寺の編集ディレクター坂本の『30代(アラサー)の生き方を探す遊び』
吉祥寺の編集ディレクター坂本の『30代(アラサー)の生き方を探す遊び』
吉祥寺の編集ディレクター坂本の『30代(アラサー)の生き方を探す遊び』

記事を作って発信、発行することの重さ


次号の雑誌編集中の編集ディレクター坂本です。
昨日、俳優の成宮寛貴さんにコカイン吸引の疑惑が、なんてニュースが流れていた。
記事にしたのはフライデーだ。

つい最近、同じく薬物(覚せい剤)でこちらは再逮捕されたASKAさん。
以前起訴される前にスクープした週刊文春の記者は、起訴されるまでの10カ月間気が気じゃなかったそうな。
今、フライデーの記者も同じ気持ちなんだろうか。
情報発信がこんなに簡単に、誰でも出来るようになっても。
その重さは昔と変わらない。

同じ編集者として改めて考えされました。

気を取り直して、明日も仕事頑張ろう!(^^)

2016.12.03 Saturday

◆カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

◆その他の記事はこちら

◆ブログのジャンル

◆月ごとに記事を読む

◆坂本たくあんについて

◆言葉・単語から記事を探す

◆携帯・スマートフォンはこちら

qrcode